5,500円以上購入で送料無料

2020年の振り返り

福岡のサスティナブルキャンドルブランドKOSelig JAPAN代表の織井敬太郎のプロフィール写真

2020年は特別な年だった。

それは、コロナによって社会的に大きな変化があったから、というのはもちろんだけど、僕たちにとってはKOSelig JAPANというブランドをスタートした記念すべき一年だった。

KOSelig JAPANがキャンドルブランドとして目指すこと

僕は、9月までスタートアップの人事責任者をしていた。その前の広告代理店でも人事をしていて、一貫して企業の人事担当として「仕事を通した満足」をつくろうと取り組んでいた。それは、すごく難しいことだった。

僕らは日々たくさんの悩みや不安を抱えていて、それらがうまく噛み合わなければ仕事に(暮らしに)満足することはなくて、かといって、様々なことがとても早いスピードで流れているから、多くの人が考えたり向き合ったりする時間もとれない。結局、ほとんどの問題は、仕事であれば同僚、家庭のことであれば家族と、他者との関わりによって生じるのに、自分に余裕がないからなおさら整理が難しくなる...。

会社の制度や文化をつくることも大切なんだけど、もっと個々人が精神的なゆとりを確保して、それらを意味あるものにできたらいいなと思うようになった。そして、ダイレクトに人の暮らしに関われるサービスを届けようとはじめたのがこのブランドだ。

2020年に取り組んだこと

最初は「モノづくり」と「お客さまの声を聞く」ことの2つに絞って取り組んだ。

10月、妻のSumireと一緒にアロマキャンドルをつくると決めてテストを繰り返し、ベータ版としてサスティナブルキャンドル「Soywax Candle」が商品化できた。

福岡のサスティナブルキャンドルブランドKOSelig JAPANのSoywax Candleの商品写真
>> 「Soywax Candle | Clear」 商品ページ

 

 11月、この商品が世の中に受け入れられるかを検証するために、福岡クリスマスマーケットに期間限定店を出店。

自らも店頭に立ってお客さまと会話をして、貴重な声をいくつもいただくことができた。
予想どおり「火が怖い」「いつ使うのかわからない」という方々は一定数いらっしゃったが、一方で「使ってみたい」「興味ある」という声もとても多く聞くことができた。

物質的には満たされている日本に、いままで以上に精神的な価値を求めている人が増えていて、その解決策としてキャンドルが候補に上がっていることを感じることができた機会だった。

福岡のサスティナブルキャンドルブランドKOSelig JAPANが福岡クリスマスマーケットに出店している様子
>> 「福岡クリスマスマーケット」出店のお知らせ

 

そして、12月にはもう一つのイベント「NiGHT UP 〜火でつながる、祈り。」も開催した。

僕たちが考える「火のあかりが日常に溶け込むことで暮らしは豊かになる」ことを多くの人に”体験”してもらうために、太宰府にある竈門神社をキャンドルやトーチなどでライトアップする企画だ。

ご来場いただいた方々には「立ち止まること」や「ゆっくりと時間を過ごすこと」の大切さを実感してもらい、ここでも様々なリアルな反応を目の当たりにすることができた。

福岡のサスティナブルキャンドルブランドKOSelig JAPANが太宰府・竈門神社で主催したNiGHT UPの様子
>> 「NiGHT UP 〜火でつながる、祈り。」のイベントレポート

 

これから取り組んでいくこと

結果として、今年はサービスを介してお客さまの生声をたくさん聞くことができた。ブランドコンセプトである「暮らしに心がホッとする時間を。」どれだけ届けることができているのか、そのことを客観的に見ることもできた。

その経験をもとに、2021年は「サスティナブルキャンドルブランドとしての価値を高める」そんな年としたい。

「世界中の人の暮らしを、100年先まで豊かにする」というゴールに向けて、

  • 新たなサスティナブル要素を取り入れた商品を開発する

  • 「Buy a Candle, Light up the world.」プロジェクトを始動する

  • お客さまと直接の交流を行うファンコミュニティを開設する

というまずは3つの小さなゴールを目指していきたいと思う。

 

まだまだこれから良くしていかないとならない部分はたくさんあるけれど、「キャンドルに火を灯す」ことは本当に心をホッとすることで、僕たちの商品はそんな体験を日常に取り入れる上で最適なアイテムだと自信を持って言える。

そんなサービスを届けていることはとても幸せで、僕にとっては”仕事”から”志事(しごと=志すこと)"に変わっていった日々でもあった。

「仕事を通した満足」は、もしかしたらこの「自分が心からいいと思えるものをつくる」というごく自然な、当たり前のことからはじまるのかもしれないなー...。スタッフみんなと分かち合えたら嬉しいなと思う。

 

ブランドをスタートして3ヶ月。日々はあっという間に過ぎていきますが、KOSelig JAPANは、スタッフ、そしてお客さまと一緒に、これからももっと心がホッとする取り組みを進めていきたいと思っています。

皆さま、良いお年を。

今年一年ありがとうございました。

 

Keitaro

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。