¥5,500以上購入で送料無料

【イベント情報】竈門神社にてキャンドルナイト実施

  

2020年12月16日(水)16:30〜20:00にかけて、「NiGHT UP 〜火でつながる、祈り。」を開催します。太宰府・宝満宮竈門神社を舞台に、当日は約5,000個のキャンドルに火を灯して会場をライトアップします。

福岡で始まるキャンドルナイトイベント


 <行事概要>
 ●日時: 2020年12月16日(水)16:30〜20:00 
 ●場所:宝満宮竈門神社(〒818-0115 福岡県太宰府市内山883)
 ●開催形式:宝満宮竈門神社にて現地開催&ライブ配信を実施
 ●共催:NiGHT UP実行委員会、KOSelig JAPANCoRicco
 ●特別協力:宝満宮竈門神社
 ●公式HP:https://nightupdazaifu.com/ 

 <開催に向けた想い>
2020年、新型コロナウイルスの影響によって私たちの暮らしには様々な変化が生じました。それは、これからの未来を真剣に考えることの必要性を私たちに気づかせてくれたようにも感じます。

そんな時代だからこそ、これからの未来を歩む全ての世代の方々と共に、自分自身と向き合う時間を分かち合うために本行事を企画いたしました。火のあかりのもとで祈りを捧げ、想いを未来へつなげていく行事です。

NiGHT UPの見どころ

KOSelig JAPANが主催する太宰府・竈門神社にキャンドルを灯すイベントNiGHT UPの全体マップ

■神聖な”神灯り”のライトアップ

本行事は、前日15日の夜にNiGHT UP実行委員会(運営団体)メンバーが宝満山を登拝するところから始まります。頂上に鎮座する竈門神社上宮にて神職さまのお祓いを受け、火(神灯り)を授かり、その火を大切に下宮まで持ち帰り一つずつ灯火いたします。当日の”神灯り”で照らされる「祈り」と「火のあかり」をテーマにした空間は、このNiGHTUPでしか体験することができない神秘的な空間です。

■ 自分を見つめ感じる「 i 」との出会い

本行事は、「自分を見つめ感じる」ことで、これからの未来を考えていくこと、そして新たに踏み出す一歩を後押しすることを目的としています。そのきっかけとなる出会いを3つの「 i 」に重ねています。

*キヅキの場(inspired)

キャンドルの火のあかりで360度囲まれた幻想的な「キヅキの場」は、自分の心の声を感じるはじまりの場所です。本当に大切なことに人はなかなか気づかない、とよく言われます。散りばめられた“30の言葉”との出会いは、私たちに心と向き合うきっかけを与えてくれます。
KOSelig JAPANが主催する福岡・竈門神社のキャンドルイベントNiGHT UPのコンテンツ紹介

*アカリの場(illuminated)

北欧では“森のキャンドル”といわれるスウェディッシュトーチ、そしてキャンドルタワーなど、暖かな火のあかりのもとでゆっくりと過ごすことができるのが「アカリの場」です。足を止めて自然を感じながら、自分のこと・大切な人のこと・社会のこと、様々な想いに心を巡らせてください。
KOSelig JAPANが主催する福岡・竈門神社のキャンドルイベントNiGHT UPのコンテンツ紹介

*イノリの場(inori)

「キヅキの場」で言葉と出会い、「アカリの場」で様々な想いに心巡らせ、ここに至るまでに感じてきたありのままの自分を表現する場所が「イノリの場」です。竈門神社上宮にて授かった“神灯り”を参加者一人ひとりが直接もらい受けます。未来が明るく照らされることを祈りながら、境内に、手水舎に、至る所に光を届けます。
KOSelig JAPANが主催する福岡・竈門神社のキャンドルイベントNiGHT UPのコンテンツ紹介

詳しい情報は、ぜひ公式ホームページよりご確認ください。

- - - - - - - -


 ◆イベントレポート
 >> 第1回「イベントを通して伝えたかったこと」
 >> 第2回イベントレポート(後日公開予定)
 >> 第3回イベントレポート(後日公開予定)