5,500円以上ご購入で送料無料

About us

 

Light up your life.

 

KOSelig JAPANは、Candle ArtistであるSumireの原体験から生まれたサスティナブルキャンドルブランドです。

 

暮らしに心がホッとする時間を届ける

うまくいかないことばかりで、心にも余裕がない日々。そんな経験は、誰にでもあると思います。

 

私がその苦しさから抜け出せたのは、ノルウェーから届いた「火の灯りを見たらきっと癒されるよ」という手紙と、
ひとつのキャンドルとの出会いがきっかけ
でした。

北欧の人々は、いつでもキャンドルを灯します。
リラックスするとき、
ひとりで集中するとき、
大切な人と一緒に過ごすとき。

 

暮らしに溶け込むキャンドルは、ただのインテリアではなくて、人々の心を豊かにする希望の灯り。
そのことを、私は実際に火を灯してはじめて知りました。

 
 

私にとってキャンドルは、心を落ち着けるためのスイッチ。
炎を見ているとだんだんリラックスしてきて、悩んでいたことも自然と解決されるのです。
キャンドルは、私の暮らしをあかるくしてくれました。

    

ものづくりへの思い

  

もし、以前の私のような苦しんでいる人にキャンドルを届けることができたら。
今よりも多くの人々が豊かな自分に出会えるかもしれない。

 

誰かの心が温まるように。そしてずっと続いてくように。
この思いが原点となり、私たちは心とカラダと地球に優しいキャンドルで「暮らしに心がホッとする時間」をお届けしています。

  

全てハンドメイドでつくります 

KOSelig JAPANでは、キャンドルの製作から梱包などお客さまの手元に届くまでの全ての工程をハンドメイドで行っています。
それは、「真心」を届けたいという思いと、環境に優しいものづくりのあり方を目指しているからです。

 

パラティンフリーのビーガン素材を使用します 

世のなかの多くのキャンドルはパラフィンという石油由来のロウからできていますが、KOSelig JAPANでは大豆のロウ(ソイワックス)を使用しています。
ビーガン素材を使うことで、火を灯している間もすすが出にくく、有害な物質を吸い込む危険性もありません。安心して長く灯せるキャンドルの製作を心がけています。

 

廃棄物をアップサイクルしています 

KOSelig JAPANがつくる「Upcycled Candle(アップサイクルキャンドル)」は、廃棄されるはずの日本酒瓶とワインコルクを回収し加工することで、キャンドルのグラスとフタとして新たな価値を生み出しています。

  

KOSelig JAPANの目指すこと

  

もし、1日1時間節電すると、年間に8.1kgのCO2を削減することができます。
もし、瓶をはじめとする全ての容器が再使用されれば、C02排出量は57.1%削減されると言われています。

 

身近な暮らしのあり方を少し変えるだけで、世界は大きく変わります。
ずっとずっと豊かな日々が続くようにと願いを込めて、私たちは「100年先まで世界をあかるくする」ことに取り組んでいます。
私たちがつくる心とカラダと地球に優しいキャンドルで、暮らしに心がホッとする時間をお届けします。